All Things Newz
Law \ Legal

深セン市市場監督管理局と公安局 名ブランド商標権保護の特別行動を実施 – – China



To print this article, all you need is to be registered or login on Mondaq.com.


最近、深セン市の市場監督管理局と公安局が、名ブランドの
商標権保護
特別行動の「有望・輝く」を実施し、5つの偽物生産拠点を摘発した。


8月18日午後、市場監督管理局と公安局が5つのチームを出動させ、福田、龍華、龍崗などにある5つの偽物製造拠点を家宅捜索し、ファーウェイ(HUAWEI)、栄耀(Honor)、サムスン、任天堂などの登録商標専用権を侵害した疑いのある600台余りの携帯電話、2万点以上の携帯電話バックカバー、100点以上のゲーム機コントローラーを差し押さえた。総額は300万元(1元は約19.9円)を超える。5つの拠点はこれまでにネット販売を利用して1千万元以上の偽物を販売していたという。


この中の4つの事件はすでに刑事移送され、警察は偽造品の供給元の調査に乗り出しており、登録商標詐称の罪などの疑いで容疑者の捜索を進めているという。


出所:中国打撃侵権工作網

The content of this article is intended to provide a general
guide to the subject matter. Specialist advice should be sought
about your specific circumstances.

POPULAR ARTICLES ON: Intellectual Property from China



Source link

Related posts

TCPA Tracker – July 2022 – Telecoms, Mobile & Cable Communications

Health Canada Implements New Labelling Standards For NHPs – Healthcare

Farm succession planning – Land Law & Agriculture